冬も終わりを告げていよいよ日ざしも強さを増してくる春になりました。もうすぐすると夏もやってきます。夏になると、山や川などでアウトドアを楽しむ人も増えてきます。そこで気になるのは日焼けです。ついつい対策を怠ってしまい、日焼けしてしまう人もいます。ここでは日焼け後の美白ケアについて解説していきます。
・炎症を抑える事が大事
 山や川に行って肌が赤くなってしまったという時は軽く火傷をしている状態です。このような時にはまず炎症を抑える事が大事です。火照っている箇所や赤くなっている部分を水分を含ませたタオルなどを使いクールダウンします。
 全身を冷やしたい時には冷ためのシャワーを浴びましょう。ほてりがおさまってきたら普段の化粧水は使わずに、ワセリンを塗るようにします。火傷の程度がひどくて水泡ができているようなら、皮膚科に行きましょう。
 そこで副腎皮質ホルモン成分が入っているクリームを処方してもらいます。それを塗るといいです。
・炎症を抑えた後のケア
 日焼けをした翌日以降のケアは敏感肌用の刺激が軽い化粧品を使いましょう。これにより徐々に肌を回復させていきます。肌が落ち着いてきたらビタミンC誘導体などのメラニン還元作用のある成分が入っている化粧品でケアしていきます。
 また皮膚科に通えば濃度が高いビタミンCの点滴などもしてくれますので、相談してみるのもありです。日焼けによるダメージから回復してきた段階で、美白成分と保湿成分が豊富に入っている化粧品を使います。
 これによりターンオーバーを促進しながら、通常の美白ケアを続けていきましょう。夏になると太陽の光は強さを増して、日焼けの影響を受けやすくなります。美白を損なわないように対策するのはもちろん、もしも日焼けした後も正しい対処で美白を取り戻しましょう。